キャッシングを取扱っている金融会社は多くありますが、自分が利用する場合、どこを選ぶか…の判断基準は人それぞれですよね。「低金利」なところを選ぶ人もいれば、「限度額が高いところ」を選ぶ人もいます。それと...

キャッシング 審査 甘いのは魅力的?

キャッシングを取扱っている金融会社は多くありますが、自分が利用する場合、どこを選ぶか…の判断基準は人それぞれですよね。「低金利」なところを選ぶ人もいれば、「限度額が高いところ」を選ぶ人もいます。それと同様に「審査の甘いところ」を選ぶ人も多いかもしれません。キャッシングはお金を契約者に貸すサービスなわけですから、当然それは返してもらうことが大前提となります。

しかし、契約者によっては貸倒れなってしまう場合も全くないわけではありません。貸倒れになってしまえば当然損失が出ますから、誰にでもお金を貸せるわけではないんですよね。

本当にお金を貸して大丈夫かどうか、きちんと返済を滞らずに毎月支払える人かどうか…の判断を行うのが、キャッシングの審査になるわけです。ですから、キャッシングの審査は必要なものであり、あって当然のものではあるのですが、金融会社によって審査基準は異なります。

当然、キャッシングの審査が甘いところも存在するわけです。キャッシングを利用しようと考えている人にとっては、どうしてもお金が必要ですから断られる可能性が高いところよりも低いところを選びたくなる・・・というわけです。

消費者金融も多くありますが、銀行系のところは若干審査が厳しいようですね。それに、複数の借入れ件数がある場合も、審査は通りにくくなりますし、その借入れ金額も多ければ多いほど審査は通りにくくなります。

それらを踏まえて考えると、もちろん全てがそうだとは言い切れませんが、キャッシングの審査の甘さを売りにしているところは、怖いというか怪しいというか、ちょっと疑ってかかってみるものなのかな、と思います。

現実に、甘い言葉で契約させて、たっぷり搾り取る…というような悪徳業者が存在するのも事実ですし、またその被害が多いのも事実です。ですから、個人的には、キャッシングの審査が甘いところというのは避けた方が良いのではないかな、と思うのですが、しかし「審査に落ちない」というのは「個人信用情報機関の自分の記録」が汚れる心配がないんですよね。

キャッシングに申し込んで審査に落ちると、個人信用情報機関というところに登録されるのだそうです。全情連では3ヶ月、それ以外の信用機関では半年ほどの期間登録され、その間はお金を借りるのが難しくなってしまうのです。それを考えると、審査が厳しく、落ちる可能性があるところを選ぶのも躊躇してしまいますよねぇ…。